やっと梅雨らしい天気になりましたね。
でも、まだまだ水不足や農業のことなどが心配ですね…

ところで、昨日福岡のKBCテレビ「アサデス」の番組で
雨の日は転倒に注意しましょうっといった内容が
8時終了10分前ほどにやっていましたね。

例えば、マンホールの上やエントランス部分やワックスがかかっている床など
特に、「材質が変わる際には要注意です」っていった内容でした。

しかし、ここで対策方法が触れられていなかったので残念でした;;;

当社では、雨の日こそ成果を発揮する大きく分けて
3パターンSGS(スリップ・ガード・システム)シリーズを取り扱っています。


1.浴室、大理石などの滑り止めには「SGS」
2.どんな床材でも対応「SGSグリップフィールド」
3.油性マジックも簡単に落とせるSGSトップコートG

詳細は、リンク先をご覧になって頂けばと思いますが、
大雑把に場合分けすると

晴れの日も雨の日も転倒予防効果が一番あるのは
【SGSグリップフィールド】です。

ただ表面がザラザラした形になりますので、
普通のワックスみたいのと言われると【SGSトップコートG】です。
(ワックスよりも耐久性に優れ5年以上持ちます!)

そして、タイルや御影石などだと【SGS】をおススメしております。
こちらは、雨の日、水がある時に滑り止め効果が発揮されます。
通常だとバーナーで表面を加工処理して滑り止め効果を生みますが、
こちらは目に見えないほどの穴を空けて防滑効果を高めます!

気になる方は、一度ご連絡頂ければと思います。
サンプルをお持ちしますので、実際に見て触っていただければと思います!

この技術は数年前からあり、既にいろんなところで施行されていますが
(横浜スタジアム、大学や病院施設など詳しくは本部の施工事例
昨年、大阪で他の加盟店様が展示会に参加された際に
とれも高評価を頂いたようですので、
「床が滑って困っている方」や「転倒予防対策を行いたい方」など
当社にご相談頂ければと思います!